会社のトラックを買い替え

ボクが勤めているエクステリアの会社で、トラックの買い替えをするという話があります。多少は景気がいいのか、いま使っているトラックが古いというのもありますが、新しいトラックを購入して業務効率を上げたいということみたいです。

そこで、社長にトラックの買取をしてくれる業者を探してくれと頼まれました。通常、使い古した業務用トラックは廃車にするみたいなんですけど、中古トラックでも売れるものなら、売ったほうがいいですよね。

まだ、使えるので廃車はもったいないというのもあります。エクステリア関係の同業者のなかには、ISUZUのエルフなど中古トラックでいいから、欲しいという業者さんもいるでしょう。

故障車や事故車ではないので、ちゃんと使えますから。しかし、トラックとなると、普通車の買取とは異なります。普通車であれば、ガリバーやアップルなどの有名な車買取業者があります。そういった車買取業者は、業務用のトラックやバン、ミニバスの買取は扱っていないのです。

会社名などが車体にペイントされていますから、それも問題ですね。そもそも、田舎の市原市で業務用トラックの買取してくれるところなんてあるのかという話です。

グダグダ言っていても仕方がないので、インターネットで検索して調べることにしました。千葉 トラック買取で検索すると、いくつかトラック買取の査定できる業者がでてきました。重機も現金買取してくれる業者もありました。すごいですね。

千葉県市原市であれば、出張査定対応エリアのようです。市原市は田舎といっても、関東ですからね。思ったよりも簡単にトラック買取業者が見つかってしまいました。社内でのボクの株も上がるといいのですが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

外構工事が主な仕事です!

こんばんわぁ、ケンタです。今日はボクの仕事の話をしようと思います。

ボクの仕事は、家の周りの塀や柵、フェンス等を造ったりすることです。

皆さんの家の周りにも塀や柵があって囲われていると思います。塀や柵は素人では造るのが難しいので、専門の業者に工事を依頼するのが普通です。

トラックにセメントやブロック塀、鉄筋などの資材を積んで、工事依頼があった現地に向かい、作業をするのです。

使用するトラックは、いすゞ自動車のエルフという車種を使用しています。このエルフという車種は小型トラックです。みなさんもどこかで、エルフを見たことあると思います。まあ、よくある普通のトラックです。

塀を造ったりする工事のことを外構工事といますが、エクステリアという言葉が一般的かもしれません。エクステリアのほうが、ちょっとオシャレな感じがしますよね。インテリアが内装で、エクステリアが外装ということです。ガーデニングとはちょっと違います。

実物を見て買うショッピングと違って、エクステリアは、これから造るものなので、完成時のイメージが必要です。

完成時のイメージはエクステリアの施工例を参考にするといいでしょう。写真や3Dの模型などです。

パソコンがあれば、普通の画像だけでなく、立体的な画像も見ることができます。立体的というのは、360度回転する画像です。

最近は、エクステリアの業界でもIT化が進んでいて、PCやタブレット端末の使用は必須です。3D画像をタブレットで顧客に見せたりします。

今回は少し長くなったので、仕事の話は次回に続きます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

エクステリアの仕事してます!

ほとんどの皆さんは、はじめましてですね。

名前はケンタっていいます。友達からもケンタって普通に呼ばれています。

年齢は20代後半なんですが、家の外装関係の仕事をしています。エクステリアなんて言い方もしますね。

外装関係というより、エクステリアのほうがカッコいいですよね。

具体的には、家の塀を造ったり、瓦の交換をしたり、外壁の修理をしたりする仕事です。

いわゆる肉体労働です。勉強ができなかったので、大学には行かずに地元の市原で就職をしました。

気分転換にブログを書くことにしたのです。

市原って千葉県のなかでも田舎なんですよね。千葉市や船橋市は市原市民からすれば、都会ですよ。市原駅は千葉駅から見て下り方面なんです。

のんびりした市原の雰囲気が都会とは違って好きですけどね。

何もないかとも思えば市原には、ユニモちはら台なんて商業施設もあります。

ららぽーとみたいに大きくないですが、市原市民としては満足なのです!

ボクは軽くお酒を飲むのですが、仕事でトラックを運転するので、深酒は禁物なんです。

翌朝に酒が残っていると、トラックの運転に支障をきたしますからね。トラックと言っても、4tトラックなので、そんなに大きくないです。資材を運ぶためのトラックです。

今日は少し長くなったので、このへんでおしまいにしたいと思います。次回は、仕事のことを書きたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする